× 閉じる

今夜は中秋の名月。日本では月に「うさぎ」が住んでいるという言い伝えがありますよね。

せっかくなので、今日はお家でプチバトーのうさぎと月の ソーマトロープ をつくって、お月見なんていかが?

 

ソーマトロープ とは

ヴィクトリア朝時代に一般的だったおもちゃ。
両面に絵が描いてある丸い板やカードの両端に2本の紐を取り付け、紐を両側から引っ張ると、丸い板やカードが回転して両面の絵が1つの画像に見える現象を楽しむもの。

 

 

下記リンクより型紙キットをダウンロードして下さい。

月うさぎのソーマトロープ

 

ソーマトープ

【用意するもの】

・印刷した型紙

・のり

・ハサミ

・毛糸や麻紐

・ボール紙

 

ソーマトープ

1. 印刷した型紙を切り抜きます

3

2. 切り抜いた月の裏面に糊を塗って、

4

3. しっかりと貼り付けます

ソーマトープ

4. ボール紙を月の形に沿って切り抜きます

6

5. 毛糸を用意し、適当な長さで切ります

7

6. 両端に小さな輪っかを作ります。

7-1

7. 月の裏に糊をはり、毛糸の中心部を貼ります

8

8. もう1面の月を貼り合わせ、

8-1

9. ソーマトープの完成!両端の毛糸を引っ張ってみて!

▼作り方の動画もチェックしてみて!

 

中秋の名月にピッタリのパジャマコレクション はこちら!!

パジャマ

 

To Top